「気づけよテメエ!」ってイライラした時にも、変わらずできる、たった一つの考え方

標準

気づいて欲しい人が気づかない時、どうしてますか?

「男性は100%気づかない」で有名な写真

「男性は100%気づかない」で有名な写真



後輩、部下同僚、仲間・・
  • 「やる」って言ったのにやらない
  • 変な方向に行きそう
  • 「信念」をはき違えている
そんな時、つい、

怒りたくなってしまうこと、自分で片付けたくなってしまうこと、ありませんか?

日常、そんなことばかりで、つい、「おれがおれが」になってしまいます。

でも、他の考え方もあるんですよね。

尊敬しているファシリテーター、通称Aki部長の考え方を見て、
できることあるのにサボっているなぁと。

サボる

できない人がいるのは、できる場を与えていなかったから。

「人は必ずできる」みたいなアクションの伴わない信念だけでなく
少しテクニカルかもしれないけれど、介入していくことで成長を促進させる

growth
その目線を持つと、相手が「できていない」時
じゃあ、自分はどうすればいい?っていう思考になります。

やるやつはやってるんだから、やってないやつが悪い?

良い/悪いの判断をして何になるのでしょうか。
成果の出ないこと(ジャッジ)に、感情という、大きなリソースを費やして何になるんだろう。

values
成果に向かっての取り組みとは何ぞや。
人の可能性を信じる優しさと数字に対する覚悟

愛
アタマ下がります<(_ _)>

 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.