ブログを書いている理由。伝えたいことを伝えるチカラを身に着けたい。

標準

ブログ始めた!始めたい!そんな仲間が増えてきました。

party friend

昨日、オヤビンこと高木芳紀さんが書いた、
【ふと考えてみた】ブログが続かない方にブログを続けようと思ってもらう方法
という読了の心地よさMAXの記事を読んで考えました。

あれ?おれ、なんでブログ書いているんだろう。

  • 発信欲(≒自己顕示欲)は確かにあります。
  • 書いたものが、後から検索できるのも、結構助かっています。
  • (お世辞でも)「小川さんのブログ面白いすね」って言われるの嬉しい

考えてみたら、結構単純な理由で記事書いている気がします。

例えば、昨日。

WordPressブログの立ち上げ方をハンドオフするイベントを行うんですが、
その事前準備をお願いしようと思いました。

永遠の課題、「これやっといて」

永遠の課題、「これやっといて」



最初、Facebookに書こうと思ったのですが、途中で、
「あれ?意外と長くなるな・・」ということで、急きょ一本書きました。

それがひっそりアップした
ブログを始めて、自分の資産を作る生き方!【サーバー、ドメイン契約編】

images

なんだ、単純に

SNSでテキスト(文字)だけで表現するより、こっちのがラクじゃん

っていう理由で記事更新したりしています。

要は、伝えたいことがある時の、場所の一つなんです。

ただ、伝えたいことを「伝えるチカラ」は、どのプラットフォームを選ぶにしても必要
前述の高木さんの筆力とかハンパないですもの。

もし、伝えるチカラを身に着けたいと思った時、まずは、

できる人のマネをするのが最短。

それも、「身の回りにいるプレゼン上手い人」のレベルじゃなくて、
世界最高峰のグレートプレゼンター(卓越した人)がやっていることを取り入れた方がいいです。

じゃあ誰?オバマ?スティーブ・ジョブス?

もちろん彼らも最高のプレゼンター。

でも、もし自分のタイプと合っていなかったら・・

  • スティーブ・ジョブスのプレゼンでは敵が作られる、アクの強いプレゼンになる。
  • オバマのプレゼンでは、明るい印象になりにくい
ジョブスを「万人が参考にすべき」という訳ではない

ジョブスを「万人が参考にすべき」という訳ではない



まずは、プレゼンターのタイプを分類し、その中から
  • 自分のモデルとするべきお手本を見つける
  • お手本の「どこが上手いのか」を分析する

こんなこと、一人でやるのは難しいですね・・

なので、小川の師匠が教えてくれます。9/26木六本木で

グレートプレゼンターのスピーチから学ぶ 「心をつかむプレゼンテーション」の極意

伝えるチカラが上がることで
  • 社内での調整がラクになる
  • 受注率が飛躍的に高くなる
  • 自信を持って生きられる
習っただけで終わらない、試してみる気、活かす気マンマンのあなた、お待ちしております<(_ _)>

来週発売!
今日の一冊:ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.