【マネするべきはティッピングポイント】ブレイン・コピーで、成果を出すチカラ10倍アップ!

標準

親切心がアダになっているかも・・そんなお話です。

kindness
私たちは、特別な才能を持っています。一方、全てが卓越している訳でもない

だからこそ。ある分野において卓越した成果を出している方の

  • やり方
  • 考え方
  • 感覚
これを、もし理解することができたなら、私たちが成果を出すのは、もっともっと簡単なことかもしれません。

人生イージーモードにしたくない方、今日の記事は読まないでください。

人生イージーモードにしたくない方、今日の記事は読まないでください。



昨日、ブレコピこと、ブレイン・コピーの講座に、仕事半分興味半分で行ってきました。

やれる気がするなら、やるなと言われてもやる!

  • とにかくやる!
  • モチベーション
  • 能力
そんな言葉でやろうとしている内は、成果が安定しません。

だって、「やれるイメージ」ができていないんだもの。

やれる気
部下同僚で、「やります」って言ってやらない人も、「できるイメージがついていない」だけ。

そんな、やれるイメージを身に着けるためのインタビューの仕方も身に着きます。

一緒にお邪魔した、ハイパー爽やかなコピーライターの方も、
本気になって、一緒に一参加者として盛り上がらせてもらいました

熱いぜ

熱いぜ!


マネするべきは、成果を出している人の「今」・・?

成果を出している人を見ると、つい、その人が「今見ているもの」を見てしまい、
マネしたくなってしまいます。

でも、上手くいかないんですよね。
だって、今の自分から遠すぎるんですよ。

far
教える時も同じです。
成果を出しているノウハウを伝えようとしても、前提条件が違い過ぎてマネできない

こちらは、親切心で、今の自分(集大成)を伝えようとしているのに!

おばちゃんの盛り付けくらい、親切心の逆効果

おばちゃんの盛り付けくらい、親切心がオーバースペック



 

伝えるべきは、ティッピングポイント

これから始める人にとって、一番知りたいのは、
  • 試行錯誤したころから
  • 楽勝で成果を積み上げられるようになったころの
  • その前後の変化
つまり、ティッピングポイントです。

アフィリエータ―は関係ないです。

アフィリエイタ―は関係ないです。



どうやって、「本来無自覚でやっていた」ティッピングポイント前後の考え方/感覚を共有してもらうか・・

詳しくは、ブレイン・コピーに足を運んでくださいな<(_ _)>

過去のブレコピ関連記事:【脳のコピー機、できました】ブレイン・コピー、一瞬で見極め、取り入れるチカラ

今日の一冊:できないことがなくなる技術

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.