誰もが発信力を得た今だからこそ、プラットフォームを使い分けるという発想。

標準

プラットフォーム、どこまで意識しているでしょうか。

舞台
個人が発信できる時代になり

  • Facebook
  • Twitter
  • ブログ
  • メルマガ
  • 2ch・・etc
言いたいことが言えるようになってきました。

ただし、そこには落とし穴もあります。

TPO、わきまえてますか?

リアルな会話も同じですが、
その場にふさわしい話題、TPOというものがあるもの。
  • 政治
  • 宗教
が最たるものですが、他にも、子供の話題などはシングルの人や、子供ができにくい人にとってはキツいですよね。

のび太くんもおかんむりです。

のび太くんもおかんむりです。



小川の実姉がそうですが、ひたすら子供の成長写真をFacebookにアップし続ける人とか。

どうした親バカ!
ドンドン関心がなくなってしまいます。

他人の子どもなんて、そうそう成長わからないから。たまにで十分たまにで。(自戒)

他人の子どもなんて、そうそう成長わからないから。たまにで十分たまにで。(自戒)


Facebookは、オープンな社交場

小川も子供産まれたばかりなんで、気持ちはわからないではないですが、
どういう影響があるか、全ては無理でも、できる範囲で想像したいものです。

特にFacebookは、オープンな場所。
見たくなくても、目についてしまうことがある以上、不快感の少ない話題を選びたいですね。

ただ、そうすると、必然的に「強制的に善人」にさせられます

kindness

毒がない人には魅力がないのも事実。

先述の「子供の話題は止めましょう」は、一部の人は「そうだそうだ!」って思っても、
残りの、小川みたいに子ども生まれたての人からしたら「余計なお世話」なのかもしれません。

だからって、ホロリとする話、良い話、そんな話ばかりを投稿していて楽しいのか?
そんな風にも思います。

名言ばかり語ったりとか。

名言ばかり語ったりとか。


プラットフォームを使い分けるという発想

例えば、今回の話題、小川はFacebook向きだと思いません。
だって、特定のポジションに立って「断罪」するのは、少なからず相手を傷つけるから。saibanchou
特定のポジションに立つのは個人として当然ですよ。でもおれ正しい」はFacebook向きじゃない

そういうことが言いたいのなら、ブログ、もっとアクの強いならメルマガでやった方がいいでしょう。

なぜか?

より、本人に関心のある人が観る場所だから。
興味があって、観に来てくれる人たちなら、考え方は大きく変わらないでしょう。

全員に好かれる必要はありませんし、
前に立って発言していれば嫌われることだってある。

そんなのはどうでもいい。

でも、積極的に人を不快にさせる行為は、なるべく控えたいな。
そう思っているから、小川はブログというプラットフォームも大事にしています

最後まで読んでくれた人ありがとう。あなたの考え方が聴ける場所を楽しみにしています<(_ _)>

今日の一冊:ブログ+ツイッター+フェイスブック使い分け・連携テクニック

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.