【「取り戻す」じゃなくて「乗り越える」】子どもの名前が決まりました!

標準

「取り戻す」じゃなくて、「乗り越える」

universal
私事恐縮ですが、子供の名前が決まりました!
名前は笑真(エマ)

604872786712

  • 海外で呼んでもらいやすい名前。
  • 笑うか遊ぶかの字をつけたい。
  • 小川の母(娘のおばあちゃん)の名前「真理子」の一字もらった。
笑いが絶えない子、そして家庭になってくれれば嬉しいです^^

laugh
小川も、やっぱり初めての子供は嬉しくて
誕生記念に、時計作っちゃいました(o´∀`o)ノ

今日の記事

エングレービングって何?

えー、こっから自慢入りますf^_^;)

まず、今回作った「オーダーウォッチ」。
時計店の社長にお願いして、スイスで発注した時計をイギリスの職人に彫ってもらいました。

自慢の一品!

自慢の一品!



エングレービングといって、一本一本手作りで彫り、
そして、そこに墨を入れて、陰影を強くしております。

子どもと一緒。世界で一つ。

時を刻むという愛

子どもが産まれた時に、一緒に時を刻んでくれるものが欲しかったんです。

そして、笑真(エマ)が嫁ぎに行く時に、
腕から外して旦那さんにプレゼントする・・

その時の小川イメージ

その時の小川イメージ


なんて、粋じゃないですか?

「取り戻す」から「乗り越える」

この時計を選んだ理由。
実は、小川の過去にあります。

小川は昔から悪いやつで、
20歳の時に、同じブランドのROLEXで、デイトナという時計を買っていました。

当時120万円くらいだったかな?

当時120万円くらいだったかな?



20歳そこそこのガキが、それだけの金を持っていたんだから、
お察しの通り、ロクなことはしていない

結局、その時計はスペインのパーティ島(アイランド)の
イビザ島に行った時にキマり過ぎて、酔っ払って身ぐるみはがされました

ホントにこんな感じで起きた。

ホントにこんな感じで起きた。


財布と時計と携帯を失くすという、
何が起きたか分からないことに・・

その時のトラウマから、
ある程度稼ぐようになっても、時計は買わないようにしていたんです。

あの時の自分には戻りたくない・・

そう、思っていました。
でも、先日、ある人から

小川さんは過去に生きている取り戻すことに縛られている

そう言われて、ハッとしました。おれ、囚われている、と。

失敗体験のある人や、逆に過去の成功体験に目が行っている人は、

  • 過去を取り戻すんじゃなくて
  • 過去を乗り越える
そんな発想を持つと、ラクに生きられる気がします。

乗り越える
今なら自信を持って言えます。

あの時のおれより、今のおれの方が全てにおいて優れている。

ユニバーサルであること

さて、最後に時計の話に戻します。

気になるお値段は、カミさんもこのブログ読んでいるので、
とてもじゃないけど言えませんが・・

エングレービングのテーマは「ユニバーサル」。

すべてに共通であるさま。普遍的。

そんな意味です。

どうしてこのテーマかと言うと、
ウチの子の名前Emma(エマ)は、ラテン語の Emmanuelle(エマニュエル)から来たもの。

意味は、Dieu est avec nous

つまり、神はわたしたちとともにいる!

要は、ユニバーサルってことです。

神はわたしたちとともにいる
ウチの笑真(エマ)に神のご加護を。

そして、枝葉末節、他人の価値観に流されず
普遍的なものに価値を感じてくれる子に育ってくれますように

今日の一冊:釜ヶ崎と福音

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.