夢を叶えるために、「行動できない」をなくす、小さな決定のコツ

標準

夢・・叶えちゃいました!

夢
昨日、セミナーデーでして、クライアントの講演にご招待いただきハシゴしていました。

コンテンツオーナーとお仕事させてもらうと、
いいことあるなぁ・・と思うのが、
その道の際立った成果を吸収できるんですよね。

ちなみに、「ハシゴ」したために大人の事情が発生してしまい、
どちらか片方だけ取り上げるわけにはいかないのが残念。

完全に同業行ったパターン

完全に同業行ったパターン



改めてどちらも取り上げます。

で、ちょっとしたワークの中で、他の人とは違う小川の行動パターンがわかったので
参考までに共有します。

成果はいつ出すもの?

ワークの内容は、達成したい夢や目標を実現するために書きだす。
といった、数か月講座の初回にありがちなもの。

もちろん複数挙がるのですが、前からやると言っていた

子供の誕生日を、毎年違う国で一緒に迎える

という目標、言いっぱなしで何も動いていませんでした。

やるやる詐欺
ですので、この機会に、パパッと対応。

  1. 9/22の娘の誕生日に合わせて、9/20~9/24の四泊五日、Googleカレンダーに20年分定期登録しました。
  2. 次に、カミさんに報告と相談。快諾だったので、仮決定。
  3. 半年前にFIXさせて、予定を完全にブロックするために毎年「2/28に場所相談」「3/22に航空券手配」のタスク登録
  4. 最後に、来年は、シンガポールを仮の目的地とする。
こんな決定をしたら、なんか、夢を達成できる気がしてきました

we can

最大のリスクは何?

今回、「小川のスピード感すごいでしょ?」って話がしたいわけじゃありません。

ポイントは、3と4。「未定」をいかに減らすかと部分。
仮でいいから決めておくのがポイントです。
  • 最大のリスクは「行動しない」こと。
  • 決して、変な場所に行くなど「間違う」ことではないんです。
例外的な間違え方

例外的な間違え方


変えるのは恥ずかしいことじゃない。

だって、仮決めしていて、後で変えたらいいじゃないですか。

行かない < 一番じゃない場所に行く < 一番行きたい場所に行く

間違えるのも怖くないし、ミスだって経験。

やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる 

林真理子

やりたいと思ったら、行動できるクセをつけるポイントのご紹介でしたm(_ _)m

今日の一冊:5日間の休みで行けちゃう! 絶景・秘境への旅

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.