【線を越える】ブロガーフェスティバル2013に参加してみて良かったこと悔しかったこと

標準

線を越えたい。

昨日、ブロガーズフェスティバル2013に
スタッフ参加させてもらいました。

シャレオツなスタッフT

シャレオツなスタッフT



普通に遊びに行くより面白い!と思って
手を挙げたんですが、やっぱり楽しい。

普段、小川にとってネットの世界の人たち、
日本のブログ有名人たちが一堂に会したって感じです。

内容は
  • SEO
  • 動画
  • 記事構成
  • アクセスアップ
  • Google中の人直々の「アドセンス最適化」etc
同時刻に行われて、聴けなかったのもあったのが残念(>_<)

ブロガー、キャラ立ってるわ

などなど、見所盛り沢山な上に、座っている観客もみんなブロガー

質問の質も高く

月間数万PVくらいじゃ「少ないんだな」

って当たり前の基準を引き上げてもらえます。

でも、それ以上に面白いのが
LT(ライトニングトーク)

ブロガーってプレゼン上手いのねw

ライトニングトークは、5分間で、ブロガーとして語りたい内容を
思う存分語ってもらうもの。

えー、ブロガーって言っても素人のプレゼンでしょ~?

と侮るなかれ。

でも、個人的に一番心動かされたのは・・

線、越えてなかった。

チャラさがハンパないHAYAさん

haya1111
手の振り方もマイクの持ち方も完全にラッパーw

でも、オーディエンスに語り掛けた

線越えろよ!

というメッセージは、ズシッと来ました。

重い
小川、正直ブロガーというのも恥ずかしいくらい、
へなちょこなので、ブロフェスに来るのも気後れしたんです。

だからこそ、スタッフとして「中の人」になったことで、
軽く自信を持っていました。

おれ、ブロガーっぽい(^^ゞ

みたいな。

一昨日までの自分なら、それで満足できていた。

でも、それで満足してどうすんの。

面白いプレゼンやっているのを
見て笑っている側の人でどうするの。

暇つぶしにゲームやって、遊んでいる人がいる一方で、
そのゲーム作った人は、スマホをぽちぽちしている人らではなくって、
徹底的にデータマイニングを繰り返しているような人たちです。

小川がやったことは、セミナーの受付やって満足したようなもの。

いらっしゃいませ
その目線でなんでいいと思ったんだろう。

超面白いイベントで、勉強なったことも、
単純に面白かったこともいっぱいあった

でも、ここで満足しちゃいけなかった。

来年もあるらしい。次こそ、線を越えてみせる

===

つぶやきもまとめられています。これも自分がやりたかった。
合わせて悔しい!

ブロガーズフェスティバル2013まとめ #ブロフェス2013

今日の一冊:ブログ飯 個性を収入に変える生き方

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.