砂時計みえてますか?裕福な人と貧乏な人の交換するものの違い

標準

既に語りつくされたことをあえて書きます。

大事なことなんで何度でも書きます。

時間をお金で交換しちゃダメ!

時間とお金
ホントにダメですから!!

今日言いたいこと

裕福な人と、貧しい人の違い

裕福って、お金だけじゃないですよ。
むしろお金は最低限の条件。時間もそうですし、ゆとりって表現でもいいです。

ゆとりある
最近、この優先順位を反対にしてしまっている人が多くてプンプンしてます。

激おこ

「カオナシに似てるね」って言われたことがあります。激おこでした



 

貧しい人、つまり忙しかったり、金銭に追いかけられている人は、

時間をお金で交換しようとします。

つまり、消費の判断なんです。

消費の判断基準だと、何が優先されるかと言うと、

お金を使わないこと

極端な例を言うと、隣町のスーパーで卵が3円安いから自転車で往復30分かけて買い物に行くっていう判断が正当化されちゃうんです。

節約
これはもう、アウトです。
節約・倹約はもちろん大事ですが、時給換算したら酷いもんです。

自らの時給を下げる発想。

逆に、裕福な人はどうか。

裕福な人は、節約より稼ぐほうが簡単なことを知っています。

お金を時間と交換しようとします。

つまり、投資の判断なんです。

  • 歩いて25分、タクシーで7分ならタクシー。
  • 単純作業は、人を雇ってでも外注。
  • 集中できないなら、割増料金払ってでも個室。
こういう発想で、自分の時間をドンドンやりたいことに使う余力を作り出していきます。

free life
どんな発想か。時給を上げる発想?いや、それでは、まだ甘い。

それは高単価なら時間をお金と交換することを容認してしまう発想です。

裕福になる人は、時間とお金は交換したがらない。

お金を「利回り」で交換したがるんです。

利回り
それは、投資物件だったり、金融商品だったり、仕組だったり、会社組織だったり・・

いきなりはできなくても、少しずつでいいからシフトしていきましょう。

取り返せるもの、取り返せないもの

これは、小川の感覚なんですが、私のアタマの中には、いつも

砂時計があります。

 

ずっと落ちてきている
ずっと落ちてきている

それは、二度とひっくり返ることがない
そして、どれだけの砂が入っているかは暗くて見えない
でも、確かに今この瞬間にも砂が落ちている

そんなイメージをアリアリと描けます。

お金を失っても、取り返せます。小川、0どころかマイナスから復活しました。
でも、その間時間は失った。気がついたら27。

あの時から、悔しい時間を過ごしてきました。

同じ失敗は繰り返してほしくない。
どんなに高単価でも、時間をお金と交換する生き方は後悔につながります。

大切なものを見失います。

あなたの人生を、本当に大切にしてくれることを祈って。
今日を大切に生きてくださいm(_ _)m

今日の一冊:投資家が「お金」よりも大切にしていること

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.