営業力より紹介力?ブリッジ役になるために(前半)

標準

昔から、紹介によってビジネスが成り立ったらいいよね!と言われていますね。

紹介する
確かに、上手くいくかどうか、
そもそも求められているかがわからない新規営業するよりは、
自分が役立てる人を紹介してもらった方が早いし、お客さんも安心できますもんね。

もちろん、そのためには
紹介してくれた人、紹介された人の期待を裏切らないように
それまで以上に一生懸命やらないといけないのは
言うまでもありませんが。

信頼には応えなきゃいけない。これは絶対

信頼には応えなきゃいけない。これは絶対



今日の記事は、紹介される 事業者/顧客 の橋渡し

ブリッジ

と呼ばれる、紹介する人、つまり紹介力の話です。

キーワード

営業力より紹介力?

ビジネスで成果が出ている人、特にセールスに関連する役割(ほぼ全てのビジネスは基本的にセールスの側面があると思っていますが・・)だったりすると、
  • 社交的
  • 口がウマい
  • 活動的
そんなイメージありませんか?

何その笑顔!うさんくさい!!(オマエが言うなxx

何その笑顔!うさんくさい!!(オマエが言うなxx



でも、そう言った、いわゆる「外交的」の営業成績って、「内向的」つまり
  • 内気
  • 人と話すのが得意じゃない
  • 外に出るより家にいたい
人と同じくらいらしいんです。(ダニエル・ピンク『人を動かす、新たな3原則』より)

なぜかって、「話しすぎで人の話を聴かないから」w

話が長い
いやー、耳が痛いっす。

世間的な「営業力」としてイメージされる
  • トークのウマさ(ピッチスキル)
  • 社交性
  • 行動力
などは、あった方がいいのですが、
それよりも「紹介力」の方が重要なスキルです。

※小川の概念では、「紹介力」は「営業力」の一部ですが、
世間的に想像される「営業力」との比較で書いているため”?”をつけました。

なぜか。

世間的な「営業力」は、売り込むチカラですが、
「紹介力」は、良さを見つけるチカラ
そして、相手が求めている問題を発見するチカラだからです。

課題は、解けないのが問題なんじゃなくて、見つかってないのが問題だったりします。

課題は、解けないのが問題なんじゃなくて、見つかってないのが問題だったりします。



じゃあ、具体的に「紹介力」ってどんなものか。

単に「あー、あの人知っているよ!」っていう「顔が広い人(自称であることが多い)」と何が違うのか

明日、書いてみますね。

今日の一冊:人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.