コンサルタントが「お金の使い方」を考えていないのは致命的

標準

この図が、
売上げを構成するものです。

売上げ構成表

お金の使い方を考える意味。

お金の使い方が下手で、
成果を遠ざけてしまう人がいます。
  • 一時的に売り上げを上げたのに、
  • すぐまた売上げが下がったり。
いつまで経っても
  • 一人分のチカラしか出せなくて
  • ずっと忙しいままだったり。
投資に対するアンテナを鍛えておらず
  • 本でしか学ばない。
  • お客さんも少ない。
わざとではないのですが、
結果的に成長を遅らせてしまう、そんな人です。
※本すら学ばない人や、学びの機会から遠い人よりいいですが。

お金の使い方は、
すなわち時間の使い方です。

資本主義のルールの中にいる以上、
他人の時間すら(一部ですが)買うことができます

お金が全てというつもりは毛頭ありませんが、
お金を活かすことで、

あなたの人生を、望んだ以上にすることは
容易になっていきます。

どんなお金の使い方をするのか。

コンサルティングビジネスの場合、
売上げに占める「原価」はほとんどありません。

ほぼ100%が粗利。

その代わりに、
  • 広告宣伝費
  • 販売促進費
  • 人件費
  • その他経費
ここには、お金をかけてください。

これが、次の売上げを
上げる原資になります。

各項目がどんなものかというと、

広告宣伝費:

PPC広告、Facebook広告、アドネットワーク広告、メルマガ広告etcインターネット広告。
アフィリエイト、雑誌、市役所の○○なども。

要は、特定の属性の人が集まるところに、
見てもらう機会をお金を払って増やすこと。

正確ではありませんが、大まかにそんな理解をしてください。

販売促進費:

外務員への支払報酬(紹介システム)、値引き(キライです)、
追加サービスを加える、代理店への手数料、セールスレターにお金をかけたりetc

要は、お客さまの決断を後押しすることにお金を使うこと。

広告費との区別は特にありませんが、
売上げに直接作用するものを選びます。

コンサルタントは、
特にこの二つにお金を使った方がいいです。

お金の使い方のよくある誤解。

よくいるのは、

わかりました!そうしたら、お金が溜まったら、広告宣伝打ちます!

とか

とりあえずFacebook広告を3000円分打ってみたんですが、
反応なかったので、止めました。

とか。

明日は、このあたりが、なぜ誤解なのかを
ご説明したいと思います。

難しいことをするのではなく、
効果的なことをすることで、毎日どんどんラクになる
コンサルタント向けメルマガ発行してます。

完全無料なので、よろしければ是非m(_ _)m


【完全無料】メール講座登録
独立系コンサルタントのマーケティング事典を学ぶ。
お名前(フルネーム) *
Emailアドレス *
* 必須項目

Powered by Benchmark Email




 

PS:今、ムスメの1歳の誕生日を祝いに、
フィリピンのセブ島に来ています。

ムスメも不慣れな飛行機は大変だったようで、
やはり、近場にして良かったなぁと。(5時間くらい)

今は、カジノもついているホテルの一室で、
カジノに目もくれず、このお手紙を書いています。

今日はこれから、ボホール島という離島へ行って、
世界一小さいメガネザルを見てきます!

参考:http://chori.blog5.fc2.com/blog-entry-1003.html

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply