USPだけじゃ足りないの!過去現在未来を語るゴールデンサークル3つのステップ

標準

最近の私、USP否定派です。

no
いや、正確にいうとUSPだけじゃ足りないって言っているんです。

友人に教えてもらったフレームワークを元に、
小川なりにアレンジしてみました。

USPとは、自社(自製品)のみが持つ独特の強みのこと。
ユニークで顧客に対して売り込みが効く主張、提案がUSPであり、他社との差別化が主張できる強みのこと。

USPは機能の話

資料化前の殴り書きですが、
USPって機能の話。

「差別化」とか言っている時点でキツいです。
目指すべきは「独自化」

No1じゃなくてOnly1に

No1じゃなくてOnly1に


マネされたらUSPじゃなくなる?

機能の話ってことは、マネされたら終わりじゃないですか。

40歳の男性専門のエクセル指導講師とか。
※単純化しています。

同じこと言う人が出てきたら、あなたの強みはなくなってしまうの?

「日本じゃ勝てないから”東京で”、東京で勝てないから”港区で”、」
そんなことを言って何になるんでしょう。

それは、USPを作るためにUSPを作っている

練習のための練習
あなたの強みはそんなものじゃない。

差別化じゃなくて、独自化を目指しませんか?

過去・現在・現在の順で語る

あなたをあなたとたらしめているもの。
それは、「人生」。

過去のテーマは:共感:内容はパーソナル

あなたが今の仕事を選んできた理由。
どんな挫折があって、何を感じて何を考えて、どんなきっかけがあったか。

挫折
テーマは「共感」です。

現在のテーマは:仲間:内容は”役割”

そしてあなたが何をしているのか、どういう”役割”を担っているのか、
つまり手段の話をします。

Role

  • 自分にニーズがないなら、誰かを紹介したくなり。
  • 自分にニーズがあれば、売る買うの関係じゃなく、仲間として付き合ってくれる。
そんな関係になるには、
未来の話をしましょう。

未来のテーマは:共有(シェア):内容は社会

それで今の仕事を選んだあなたが、将来どうなりたいのか。
それは、自分のこと、クライアントのことというより、
社会をどうしていきたいのか。

makeworld
どんな社会であってほしいのか。

テーマは、共有(シェア)。

あなたが作りたい社会、解決したい社会の不具合、
世界観、ビジョンを伝えてあげてください。

ビジョンに賛同できれば、
伝えた相手は「応援」してくれます。

この「ストーリー」を作ることで、
売らないセールスの完成です。

結局これって、ゴールデンサークル

お気づきの方も多いと思いますが、
このフレームは、過去現在未来を語る順番が大事です。
  • 過去:Why(なぜ)
  • 現在:How(どうやって)
  • 未来:What(何を)
via:思考の整理日記

via:思考の整理日記



これは、ゴールデンサークルという考え方で

「人は『何を(What)』ではなく『なぜ(Why)』に動かされる」というものです。

「なぜ」というのは、自分の動機やビジョン・理念とも言えますが、自分が信じていることを語ることで、共感が生まれれば人々を惹きつけるという考え方。

過去現在未来に軸を通して、独自の存在になって、
あなたがあなたであるからこそ選んでくれる仲間と付き合いませんか?

今日の一冊:WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。