WEBサイトの見積もりを数社から取ったら、金額の開きがあまりにあって驚いたよ!

標準

会社のHPをリプレイスしているのですが、
数社で見積もり取ったら上下で50万円以上違いました。

オイオイ、未だに相場が安定していないのか!

不安定

不安定な・・



とWEB制作会社さんへの不信感が頭をもたげるのですが、
本当にそうなのか、ちょっと考えてみました。
※弊社がWEB制作の話を引き受ける場合、基本的にディレクションのみです。

前提として、縁のある会社さんに聞いているので、
法外な見積もりは出てきていないはず。

なんでこんなにバラけたんだろう。

登場する会社
  • 新興のWEB会社
  • 代理店系WEB会社

どうやって実現するか、実装方法の違い

まずは、こちらの要求した機能の話。

標準機能では対応できないので、開発が入るそうです。

その対応方法が各社で違う様子。

旧来の技術ではできなかったことが、新しい技術が得意な会社だと簡単にクリアできたり。
この辺りは、新興の会社さんに有利です。

新しい技術
逆に、大手のサイトみたいなところや、
技術の安定感で言えば、代理店系に有利。

確かに、導入する技術の違いもあるんでしょうけど、
これだけで、そんなに見積もりが変わるものでしょうか?

相場の「常識」の違い

思うに、企業規模というか、
引き受ける案件のレベル感の違いもあるんじゃないでしょうか。

代理店系の会社さんだと、一案件300万とか500万とかは当たり前、
もっと言えば1000万クラスの案件も珍しくないでしょう。

営業したことなかったりすると特に、世間の相場が肌で感じられないことも多いですよね。

得意
しかし、新興企業には、大手を相手にするパイプもない。
(弊社みたいな)小さい会社を相手にしないといけません。

コーポレートサイトの相場は30万円~と言われていますが、
両社での金額の「常識」の違いが価格に出たのかなと思います。
  • 代理店系でいえば:標準機能ばかりの簡易なサイトが30万円
  • 新興系でいえば:ある程度の開発が入ることは想定して30万円
こんなイメージの印象です。

人によって違うものです。

人によって違うものです。



このブログみたいに、
WordpressなどのCMS(専門技術がなくてもある程度カスタマイズや更新できるシステム)が普及した今、簡易なサイトくらいなら自分たちで作れます。

もちろん、デザインとかは頼まないといけないのでしょうが。

結局、小川たちが新興の会社さんにお願いしたように、
旧態依然の会社は、このままでは時代の流れに取り残されてしまう。

新しい技術を取り入れようとしなかったり、
旧来のネットワークや人脈だけで生き残っていこうとすると、
気づいた人たちから順にそっぽ向かれることになりかねないな。

自分のことを考えて、身が引き締まる想いでした。

今日の一冊:イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。