Webマーケティングの専門家に訊く、リスティング広告とFacebook広告の違い

標準

そういう見方があったんだ!

視点を変えるというより、複数あるイメージ

視点を変えるというより、複数あるイメージ



昨日、WEBマーケティングのプロ達と食事していました。
  • 業界特化型SEO企業:ダイヤモンドテール社
  • ソーシャル広告の専門企業:リトルクラウド社
WEBマーケティングのことも、
最低限知っていなければならないのですが、
先端の話になると、理解して追求していくのは

やるべきことじゃない

と判断しているので、現場でやっている人たちの話を聴いて、
エッセンスを理解するようにしています。

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットは、

理解しないものには投資しない

と言っていますが、
これは金銭的な意味での事業投資だけではなく
社内リソースを割かない。という意味です。

ウォーレンバフェット
その判断をするために、よく
「興味がある」ことは、詳しい人に教えてもらうんですが。

その中で、リトルクラウド神原社長

リスティング広告とFacebook広告の「特性」の違い
教えてもらえたことが、なるほどだったので
許可を得て、ご紹介します。

リスティング広告の特性

リスティング広告は、
検索した時に、上位表示されるのですが。

イメージで言うと、こんな感じです。
リスティング

気になるところをクリックして、
1番目2番目・・

で4番目でなんとなく購入。

みたいな導線。

Facebook広告の特性

対して、Facebook広告は、こんな感じ。

Facebook広告
恐ろしく字が汚くてごめんなさい。

イメージは、ゴハンの画像に混じって、
ふと、欲しい商品が出ているんです。

リスティング広告とFacebook広告の違いはつまり・・

つまり、ユーザーのアタマの中に
競合がいるか/いないか

言い換えると、「比較」の有無です。

どちらがCVR(成約率)高いと思う?

比較対象が近くにあるものと、比較対象がアタマの中にないもの。
どちらがCVR高い(成約しやすい)でしょう?

答えは書きません。
書いてしまったら、アナタが「考える機会」を奪ってしまうから。

思考は積み木です。

思考は積み木です。



クリックして課金するタイプだとしたら、
広告費の「1クリックいくら」だけでは見えない金額差がありそうです。

※このあたりは、弊社で検証してみますので、
続報をお待ちくださいm(_ _)m

じゃあ、Facebook広告が万能か?

これも、そんなことはなさそうです。

なんたって、Facebook見ている時に
「モノ欲しい」って思っていないですからね。

こう考えると、向き/不向きの商材特性も決まります

一つ一つ、ヒモ解いていくと、
答えはシンプルになります。

教えてくれる専門家に感謝。

『頑張っている人たちが報われる社会を創る』|株式会社リトルクラウド
不動産特化のLTO(ロングテール最適化)サイト構築|ダイヤモンドテール

ダイヤモンドメディア(ダイヤモンドテールシステムを提供している会社)の一冊
今日の一冊:鳴らす会社の「考え方」

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply