WEBマーケティングを意識した時に、一番最初にやるべきこと。

標準

WEB戦略って、難しそうに聞こえませんか?

GとY

この二人を倒せ!みたいな



1995年からWEBについて考えてきた、WEBマーケティングのプロデューサー、長瀬葉弓さんのお話、聴いてきました。

長瀬葉弓

ずっと、長瀬「真弓」だと思っていたことは本人に言えません。



長瀬さんと言えば、長瀬葉弓のアクティブノートの起業物語 が有名ですが、お会いしたらオーラばりばり。

弊社の業務がソーシャルでの集客、ファン作りの支援。ということでお話し楽しみでした。
ソーシャルが得意分野とはいえ、当たり前のことながらWEB戦略はトータルで

セミナー用コンテンツを沢山保持し、その場で参加者のニーズを聞きながらスライド提案していく姿は「これがプロか」と同業(というか近い業種)として頭が下がりました。

経験値が違う。小川もこういうことは見習わないと。セミナーちょっとずつ開催しよう。

実は、一番参考になったのは、ご自身が話をされるまでの待ち時間
参加者の方のFBやブログを見て、WEBの活用度や、発信内容のチェックに余念がない。

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。(イチロー選手)

こんな言葉を思い出します。

内容は、弊社の標榜している 「集める仕掛け」から「集まる仕組み」に という集客の仕組み化。短い時間でもヒント沢山です。

・例えば、スマホメルマガ(動画等を使ったHTML形式でのメール配信)を母艦しにして、ハウスリストを集めていく。

・ブログ/HPは、スマホで配信した情報の保管箱。
ブログじゃなくてメルマガ。リスト収集の大事さは、痛感しているので耳が痛い。。

リスト収集で思い出しましたが、オープンリスト(リクナビ、マイナビをはじめとする有料の求人サイト、ショピングサイト、等々のWEB上公開している電話番号)を自動でリスト化してくれる、「集める営業」の支援ツール「ラクリス」というものがあります。

弊社では、「集める」側の商材は扱わないことにしていますが、何かとお世話になっているインフィニさんが取り扱っておりますので、ご希望の方は是非。勝手に他社の宣伝<(_ _)>

話を戻すと、レバレッジを利かせて、将来的にどこまでラクにやれるか。結局そこに行き着きます。

良いものを扱う以上、知ってもらうことや興味を持ってもらうことに、労力を割きたくないですよね。うーん。メルマガの業者さんと組みたいなあ。扱っている人いたら是非<(_ _)>

今日の一冊:すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング111の技

あぁ、買ったはいいけど、積ん読だ(>_<)

Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.