Youtube動画を発信しまくることを決めさせられた1冊の本

標準

最近、動画に凝っています。

催眠術!?

催眠術!?



 

日々投稿を心掛けて、毎日コツコツ。

今は勢いがついているのか、10日強で40本近くのコンテンツを量産しています。

全部を観るのは大変だと思いますが、
このブログにも、動画専用ページを作りましたので、
お時間ある時に、短いヤツ(2-3分)のものからご覧くださいm(_ _)m

リンク:もう一段突き抜けるための動画

さて、なぜ急に、というか、
こんなに動画をガンガンやっているかと言うと
2つの理由があります。
  • 動画の年に、遅れを取るのか、始めるのか。
  • HowToのコンテンツを量産しまくるには?

動画の年に、遅れを取るのか、始めるのか。

1つは、今年は動画の年だから。

「なる」んじゃないです。「なっている」んです。

「なる」んじゃないです。「なっている」んです。



「動画が負ける方に賭けるな」WEB上のカースト制度、あなたはどこに入りますか?

【感動注意!】話題の動画「MemoReplay ~メモリプレイ~ 感謝の手紙」が未来のテレビの姿を教えてくれた!

と言った過去記事でも書きましたし、

6秒限定の動画紹介:Vine なんかも流行っていますが、
圧倒的に動画は”伝わります”

伝わる
特に、検索が強いですね。

Googleのグループだということもあってか、
検索上位に出るので、クリックしやすいのでしょう。

40本程度、2週間もしない内に、SEOの効果が感じられるのは、
ブログじゃ考えられませんでした。

SEOが強いということは、自分と全くご縁のなかった方にも
コンテンツ、そして顔を出すことで自分自身のことが伝えられるということ。

これは武器です。

武器

こういうこと



 

そしてもう一つ。1ソースマルチユースの母艦になれるものだから。

HowToのコンテンツを量産しまくるには?

1ソースマルチユースとは、

1つの「内容」を様々な形態や、情報量の調整などをして、
相手が求めている方法で発信する(届ける)こと。

例えば、

  • ブログにしたり
  • 印刷して小冊子にしたり
  • 動画
  • メルマガ
  • ポッドキャスト(音声)
などなど・・

この時に大切なのは、
  • 情報を減らすことならできるけど、
  • 増やすのにはさらに労力をかけなければいけない!
ということ。

削る

動画をブログ記事にしたり、メルマガにするのは、
スタッフでも可能ですが、

ブログ記事を動画にするのは、(本人を映す意味も込めて)
他の人には任せられません。

動画の音声だけを抜き出してポッドキャストにすると思えば、
そんなに難しくない印象になるのではないでしょうか。

小川、この本を読んで、このことを教わりました。

プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法

そういえば、この本を知ったのも、動画を観てでした。

そういえば、この本を知ったのも、動画を観てでした。



いや、元々知らなかったわけではありませんよ?

1つの内容を使いまわすってだけなら、そんなに物珍しいものでもありません。

ただし、こんなに徹底的に、全方位に
そして、「きそうなレベルまでかみ砕いて」教えてくれた本はありませんでした。

”教える”ことを仕事にしている、
  • コーチ
  • コンサル
  • 士業
  • 研修講師
だけでなく、

情報発信をすることが楽しい

そんな方必見。

3990円と、普通の本の2~3倍の値段がしますが、
この一冊を読んでおけば

  • 他の5冊読まなくてもいいし
  • 自分の情報1つから5倍以上の価値を生み出せる(から、リターンも・・)
これ、めちゃくちゃ面白い本です!

多くの人が、「値段」で買うのを止めるから、
買うだけで”一歩抜けられる”。

読んで面白くなかったらの、90日間返金保証つき
小川の場合は手放せなくなっちゃいましたけどf^_^;)

今日の一冊:プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。